掲示板 カワセミ

60650

波状飛行 - 同行二人

2023/11/27 (Mon) 21:04:15

 小鳥の飛び方には「はばたき飛行」と「波状飛行」がありますね。このうち波状飛行は、はばたいて上昇したら羽をたたんでちょっと休憩、その間下降するのでまた羽ばたいて上昇というのを繰り返すので、軌道が波状になる飛び方です。
 羽を一瞬たたむのは、空気抵抗を少なくするなどエネルギー消費を抑えるためのようです。
 イスカが飛んでいるところを撮ると、写真に羽根を広げている個体とたたんでいる個体が混在しているのに気がつきました。
 波状飛行の状況がズレて切り取られているようです。他の写真を見ても、広げているのとたたんでいるのが二択でだいたい半々でした。

波状飛行 - 同行二人

2023/11/27 (Mon) 21:08:26

 その他のアトリ科の仲間も波状飛行ですが、羽をみなきれいにぴったりとたたむようで、写真に撮ったときの状況が似ています。
 例えば写真はイカルで、やはり羽根をたたんだ姿がピタッとしています。

波状飛行 - 同行二人

2023/11/27 (Mon) 21:06:56

 そしてイカルが羽をたたんだ瞬間を正面あるいは真後ろから見ると丸く見えます。
 アトリ科の鳥のぽちゃっとした体形が関係しているのかもしれませんね。

波状飛行 - 同行二人

2023/11/27 (Mon) 21:05:35

 カワラヒワも同じ状況ですね。

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.